Pocket

 

セカンドオピニオン
医療に関して最近よく聞く言葉です。
どのようなものか、気になるいくつかの点を調べてみましょう。

shindan1

セカンド・オピニオンとは

セカンド・オピニオンとは、
直訳すれば、第二の意見という意味。

医療において、患者が検査や治療を受けるに当たって
主治医以外の医師に意見を求めることをさします。

主治医にすべてを任せるという従来の考え方ではなく、
複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を
患者自身が選択していくという考え方によるものです。

医療が進歩している現代、新たな治療法が次々と開発されています。
結果として、病院や医師によって医療技術や診療の質に差が見られる
ようになりました。
医師によって考え方が違うこともあります。

とくにガンや心臓病などの重大な病気の場合、治療法の選択肢
多岐にわたります。

専門家でさえどの治療法がその患者にとって最善か、判断に悩むこともあるのです。
最新の医療情報を持っている専門医の意見を聞くことが大切になってきます。

アメリカでは知らない人がいないほど定着し、医師が診察の終わりに
「セカンド・オピニオンをとりますか」と、尋ねるのが当たり前のこと
になっているそうです。

ガンを手術で切除するか、放射線治療を行うかというような判断は、
複数の医師の意見を聞いたうえで患者自身が判断することが多いとか。

手術はどのようになされるのか、どんなリスクがあるのか、
どんな選択肢がほかにあるのか、自分の身体に対して行なわれる治療法を
納得して選ぶことは患者の基本的な権利なのです。

セカンドオピニオンは、患者の権利を守ると同時に、
医師にとっても誤診を回避するなどのメリットがあります。

「主治医に悪い」という遠慮はむしろ反対。
重大であればあるほど、主治医一人に責任を負わせずに
済むかもしれません。

日本でも最近は、医療過誤をめぐるトラブルや患者の意識の高まりを背景に、
セカンドオピニオンは普及のきざしをみせています。

 

セカンドオピニオンの申し込み手順とルール

セカンドオピニオンは主治医にかかることが前提

現在の主治医から提示されている治療法の妥当性を、
全く関係のない医師に意見を聞くことで、
患者が納得して治療に望めるようにするための制度です。

主治医を変えることや、違う病院に移ることではありません
それではドクターショッピング」といわれる悪循環に陥る
ことになります。

セカンドオピニオンを行なった結果として違う病院に移ることが
あるかもしれませんが、ドクターショッピングとは最初から
目的が違います。

セカンドオピニオンの趣旨を正しく認識して申し込むことが必要です。

そして、良い結果を得るには事前の準備が大切。
貴重な時間と労力が無駄にならないようにするのは医師に対する
敬意であり、患者本人のためでもあります。

これまでの経過や聞きたいことをきちんとまとめておくなど、
必要な資料を確実に準備しましょう。

手順は次の通りです。

◆ 主治医に検査結果や病名、治療法に関する説明を受けた後、
セカンドオピニオンを申し出る。

紹介状・検査データ・診療記録などを書いてもらう。

◆ セカンドオピニオン医のいる病院を探す。
セカンドオピニオンに協力的な医師は大勢います。
直接希望する病院に問い合わせることもできますし、
インターネットなどで探すこともできます。

参考までに下記は「セカンドオピニオンネットワーク」サイトの
セカンドオピニオン協力医リストです。
主にガンのセカンドオピニオン協力医です。
http://www.2-opinion.net/html/doctors_list.htm

◆ その病院に連絡をとり、受け入れ条件を確認する。ishi3

◆ セカンドオピニオンを実施。

◆ よく考えて治療法を選ぶ。

◆ 主治医に報告する。

 

料金は保険適用になるのか?

セカンド・オピニオンは“診療”ではなく“相談”となるので、
健康保険適用の対象とはなりません

中には健康保険を適用する病院もありますが、
基本的に全額自己負担です。

セカンドオピニオン外来を設けているかどうかにかかわらず、
病院によって料金は異なり、5000円から3万円が一般的です。

セカンドオピニオンを問い合わせるときに料金も確認しましょう。

ただあまり料金にこだわって病院を選ぶことのない方が良いと思います。

保険適用にならない料金を支払うとしても、
セカンドオピニオンを受けるメリットは大きいのですから。

 

こちらの関連記事もどうぞ:

    None Found