Pocket

kurisumasu

 

 

 

 

 

初雪の知らせを聞くといよいよ冬本番!

一年が終わろうとする12月ともなると、
なぜか気持ちが焦ってきますね。

街なかで流れる音楽も妙に気持ちをせかします。

とくににぎやかなクリスマスソングは、

家族や恋人へのクリスマスプレゼントをどうするか。
クリスマスパーティをどうするか、

早く考えるよう促しているようです。

楽しいクリスマスを過ごしたいと思いますが、
そもそもクリスマスの本当の起源ってご存知ですか?

知っていたこととはだいぶ違うと驚くかもしれません。

そしてせっかくなので、
本当に喜ばれるクリスマスプレゼントについても考えてみましょう。

 

クリスマスの起源の真相

クリスマスは、イエス・キリストの降誕を祝う祭り、
12月25日はイエス・キリストの誕生日ということになっていますが、

事実とはまったく違います。 

聖書の福音書には、キリスト誕生の日付については
何も記されてはいないのです。

ただ、キリストが生まれたその夜、
羊飼いたちが羊の群れと共に野原にいた、と記されています。

真冬に野原で野宿するとは考えられません。


また当時の生活について書かれた本には、
「羊の群れは冬の時期を屋根の下で過ごした」とあります。

ということは、
キリストが生まれた夜は冬ではなかった、ということになります。

実際には秋の終り頃だったと考えられています。


では本当は何を祝うものだったのでしょうか?


古代ローマ人の“サトゥルナリア祭”がその起源だそうです。

農耕の神サトゥルヌスを祭り、
日が長くなり始める冬至の頃、太陽の再生を祝う祭り。


キリストの降誕やキリスト教とは何の関連もなかったのですが、

キリスト教を国教としたローマ帝国が
首尾よく異民族を統治するために異教を融合させた。

そして“太陽の誕生日”だった12月25日をキリストの誕生日とした。

というのが真相のようです。

 

クリスマスプレゼントはプチ手作りかコフレはどう?

クリスマスが本当はキリストの誕生日じゃなかったとしても、
今となってはそんな起源は重要ではありません。

クリスマスは楽しい冬のイベント

家族や恋人、友人たちとパーティーしたり、
クリスマスプレゼントを交換したりして楽しく過ごす夜なのです。


あ、ちなみにクリスマスプレゼントの交換も、
サトゥルナリア祭の風習が起源となっています。

子供たちにプレゼントを届けてくれるサンタクロースも
聖ニコラスの伝説から作り出された話。


クリスマスにまつわる話はほとんど伝説に基づいています。

いえ、それでもいいのです。
クリスマスは楽しく過ごさなくちゃ。


あなたはもうクリスマスプレゼント決めていますか?

相手に喜ばれるものをと考えますよね。

《彼女から彼氏へ》

良い物を買ってあげるのも喜ばれますが、
さらに心を込めたプチ手作りのプレゼントも人気です。


昔流行った手編みのマフラーやセーターは結構大変ですし、
好みが合わないと身に着けてもらえないこともあります。

手作りのアクセサリーや小物は技術とセンスが問われます。

では
プチ手作りはどうでしょうか?

たとえば
おしゃれな食器などに手作りクッキーを入れて、かわいらしくラッピン
グ。

食器などはあとからよく使いそうなものを選ぶと、
使うたびに思い出します。

クッキーはおいしく作ってくださいね。

《彼氏から彼女へ》

彼氏から彼女へのプレゼントって難しいかもしれません。

女性は現実的ですが、同時に夢見る乙女でもあります。
夢を壊さないような雰囲気が大事。


ただ男性よりは広範囲な好みがあると思うので、
いろんなものの中から選べるでしょう。

定番のアクセサリーのほかに、

普段は行けないような高級な所での飲食や、
好きなアーティストのコンサートもいいですね。


人気の“クリスマスコフレ”とかもよさそうです。

クリスマスコフレというは、毎年10月下旬から11月にかけて発売される
限定コスメのことで、コフレはフランス語で宝石箱という意味です。

限定コスメを詰め合わせた宝石箱

女性同士のプレゼントにも選ばれますし、
自分へのご褒美として自分で買う人もいます。


女性はおしゃれな化粧に興味がありますが、
中身が全部自分が使えるものとは限りません。

いつもよりお得な値段といっても購入をためらう人もいるでしょう。

彼氏からプレゼントされたら、
いつもと違う化粧を楽しむかもしれません。

ただし
彼女が使っているブランドの確認をお忘れなく。

 

こちらの関連記事もどうぞ: