Pocket

dontosai

 

 

 

 

 

 

 

“どんと祭”は、正月の終わりとなる小正月前夜の1月14日に行われる
仙台の冬のイベントです。

このとき、裸でお参りする男たちがいることから“はだかまつり”と
勘違いする人たちがいるようです。

どんと祭に伴って行われる“裸参り”は、
“はだかまつり”とは性質の異なるものです。

では
どんと祭とは本来どのような祭りなのか、
はだかまつりとはどのように異なるのか見ていきましょう。

 

どんと祭とは?仙台の冬のイベント

どんと祭とは、
歳神様をお迎えするための門松やしめ縄などの正月飾りや、
お札、お守りなどを焼く行事のこと。

その時立ち上る煙に乗って歳神様は天に帰っていくわけですが、

人々はその御神火に当たることで1年間の無病息災、家内安全、
商売繁盛などを祈願するのです。

“どんど焼き”とか“左義長(さぎちょう)”とも呼ばれます。


毎年宮城県内各地の神社で盛んに行われていますが、
仙台市の大崎八幡宮の“松焚祭(まつたきまつり)”が最大規模。

元々は仙台藩で日本酒の醸造をしていた南部杜氏が、
醸造安全・吟醸祈願のために参拝したのが始まりと言われ、

宮城県のどんと祭は約300年の歴史があるそうです。

大崎八幡宮は伊達政宗が創建した威風堂々たる神社でもあり、
毎年参加者・見物客合わせて10万人ほどの人出があります。


なぜ「どんと祭」「どんど焼き」と言うのか、
その語源については諸説ありますが、

火を燃やすとき「尊(とうと)や尊(とうと)」とはやし立てて
行なっていたのが、訛って「どんど」になった、とか

どんどん燃える様子から「どんど」→「どんと」と
呼ばれるようになったと言われています。


ちなみに
“どんどん焼き”という言葉もありますがお間違いなく!

どんどん焼きは、祭りの時などに屋台で売られるおやつで、
割り箸に巻き付けたお好み焼きのようなものです。


ところで

仙台のイベントといえば、夏の“七夕祭り”が超有名ですね。
国内外から200万人以上の観光客が訪れます。

最近は春の“青葉祭り”
秋の“よさこい祭り”も人気です。

そして冬は、

12月の“仙台 光のページェント”

1月の“どんと祭”

これらも見逃せないイベントとして根強い人気があります。

まだ見たことがないという方は
一度足を運んでみるのはいかがでしょうか?

 

どんと祭の裸参りと、はだかまつりの違い

宮城県内最大規模のどんと祭は大崎八幡宮の松焚祭(まつたきまつり)。

勢いよく燃え上がる御神火に当たるべく参拝する
裸参りの一群も見ものです。

どんと祭の始まりとなった南部杜氏の参拝方式にならい、
白鉢巻に白さらし、白足袋にわらじ、という装束で

氷水で水垢離をしたあと、私語を慎み神に息をかけないための
“含み紙”と呼ばれる紙を口にくわえたまま、

右手に鐘、左手に提灯を持って、徒歩で参拝して、
御神火を渡り、火に当たります。


例年近隣企業など100団体前後が参加しており、
女性や外国人の参加も増えているとか。

女性は裸にならず1枚羽織ることが許されています。

それらの裸参りの列は、厳かな儀式にふさわしく、
整然とした秩序を保っています。


一方

日本の奇祭と言われる“はだかまつり”は、
肉弾相打つ壮絶なもみ合いを繰り広げたり、

冷水を浴びせられながら駆け抜けたり、
という激しいものです。

この写真でわかるように
“裸参り”と“はだかまつり”はきわめて対照的です。

hadakamaturi

 

 

 


どちらも無病息災、家内安全、商売繁盛などを
祈願する行事ではありますが、

裸参りの目的はどんと祭のためのもの、
祭りとしてのはだかまつりとは異なるものです。

 

どんと祭は宮城県内各地方で行われる

どんと祭といえば大崎八幡宮が有名で、

ほかにも参拝客の多い神社として
竹駒神社、仙台東照宮、賀茂神社、塩竈神社
などが知られていますが、

どんと祭は宮城県内の各神社で行なわれる行事です。


有名神社から遠い地方の人は、
地元の小さな神社のどんと祭で正月飾りを焼きます。

正月飾りを家庭ゴミとして扱うのはバチが当たりそうですし、
必ずしも大きな神社でなくても御利益は同じはず。

ささやかな御神火に正月飾りをくべて祈願します。

そういった静かなどんと祭も趣のあるものです。

こちらの関連記事もどうぞ: