Pocket

osakajo

 

 

淀殿は日本の三大悪女のひとりと言われています。

豊臣秀吉の側室であり、豊臣秀頼の母。
勝気でわがまま、気位が高く嫉妬深い。

時流を読めず、頑なだったため、
豊臣家を滅亡に導いた、と評されています。

しかし淀殿は本当に
悪女と言われるほどの悪事を働いたのでしょうか?

歴史の事実はそうではないことを示しているようです。


悲運続きの美しき母娘

淀殿は幼名茶々、信長の妹お市の方の娘。
父は戦国大名の浅井長政。

お市の方は戦国一の美女とい言われ、長政との間に生まれた
三姉妹もその美しさを受け継いだと言われています。


やがて信長の強引な天下統一の戦で、
浅井家は朝倉家と共に滅ぼされ、

茶々は母と二人の妹と共に落ち延びます。

この小谷城の落城が悲運な人生の始まりでした。


9年ほどは平穏でしたが、本能寺の変で信長が死ぬと、
お市の方は柴田勝家に嫁ぐことになり、三姉妹も同行。

しかし信長の後継者争いのため、
わずか1年後に勝家は秀吉に滅ぼされ、再び落城の憂き目に。

母お市の方はこのとき勝家と運命をともにします。


その後、妹の初は京極高次に、江は徳川秀忠に嫁ぎ、
茶々は秀吉の側室となります。

秀吉の子、一人目の男児は早世しますが、二人目が後の秀頼。

茶々は淀殿となり、
秀吉後継者の生母として権力を握るようになります。


秀吉が亡くなって2年後、
関が原の戦いで徳川家康が天下の覇者となり、

豊臣家は一大名に転落


淀殿は、豊臣家を潰そうとする家康に毅然と抵抗するも、
大坂冬の陣、夏の陣にて敗北。

秀頼と共に大坂城において自刃
三度目の落城でした。

戦国時代とはいえ、武家の姫として運命に翻弄され、
お市の方同様悲運の生涯を閉じた母でした。


淀殿が悪女とされたのは江戸時代

淀殿が悪女とされた理由は次のようなものです。
それぞれ真偽のほどを見てみましょう。


秀頼が誕生すると、邪魔な存在の豊臣秀次を
 一族もろとも処刑した

→秀次は秀吉の甥。跡継ぎのいない秀吉の養子でしたが、
 秀頼の誕生によって邪魔な存在となり、

 秀吉をけしかけて自害を命じ、
 その一族は女子供も皆処刑した、と言われています。


しかし、これを行なったのは秀吉です。

高齢の秀吉は、自分亡き後に起きるであろう後継者争いの芽を
摘みとっておきたかったのでしょう。

秀次に「謀反の疑い有り」とでっちあげて、切腹を命じます。

後顧の憂いをなくすため妻や子供たちを処刑するだけでなく、
家臣や縁者まで処罰します。

あまりの残酷さに秀吉はどうかしてしまったのではないかと
人々は思ったことでしょう。

そのため淀殿が唆したと言われたのかもしれませんが、
淀殿がそこまで非情であったとは考えられません。

秀頼は大野冶長の子ではないかという疑惑

→秀吉には多くの側室がいたのに子供はいなかった。
 淀殿だけが子供を産んだのはおかしい。

 秀頼は秀吉の子ではなく、淀殿の側近大野治長の子ではないか?


可能性としてはありうる話です。

しかし実は秀吉には側室松丸殿との間にも子供がいました。
淀殿の一人目の子と同じく早世しています。

つまり秀吉に子種がなかったわけではないので、
子を産むために浮気する必要はないのです。

そして、大野治長は淀殿の乳母大蔵卿局の息子。
兄妹同然に育った人に浮気心を抱くでしょうか?

まして太閤秀吉の妻を寝取るなんて、
バレたらどうなるか考えただけで恐ろしいですよね?

淀殿の子は二人とも確かに秀吉の子だったのです。

yododono

 

 

 

 

 

 

 

勝気で気位が高く、専横な振る舞いだった

美人で賢く家柄も良い姫君です、少々気位が高いのは当然かも。

家臣に対して専横に振る舞うのも、
封建時代の主君としては珍しくないことです。

それらをとりわけオーバーに言い立てるのは、
いかにも悪女らしく思わせるためでしょうか?


その一方で、
淀殿は心優しい性格だったという説もあります。

浅井長政やお市の方を弔うために寺院を設立したとか、
信長の側室の晩年に生活援助をした、という逸話があります。

また、淀殿の命日に侍女たちが墓前に集まって供養していた
という逸話からは、家臣に慕われる主君だったと推測できます。

政治に関与して時流に逆らい豊臣家を滅亡に至らせた

→徳川の天下になった時流が理解できず、
 過去の栄光にすがって抵抗したため豊臣家は滅亡した。


淀殿が表舞台に出るようになったのは秀吉亡き後。
秀頼の生母として後見するのは当然のことでしょう。

権力をほしいままにするためではなく、
秀頼と豊臣家を守るために行動したのです。

しかし、豊臣家滅亡を意図した家康の策略の前には
時流を理解するかどうかに関わらず淀殿は立ち得なかったのです。
 


以上のように、淀殿が悪女だったとする根拠は
結構あいまいで不確かなもの。

むしろ作られたイメージでは?と思わせるふしもあります。


じつはこれらの淀殿悪女説は江戸時代になってから
言われるようになったことです。

江戸時代に出版された「太閤記」や「翁草」などの書物の中で
淀殿は蛇のような悪女として描かれました。

勝者の徳川方からすれば、
最後まで抵抗した淀殿は悪女であったという論理になるわけです。


古だぬき家康にだまされた真相

淀殿と秀頼が家康に臣従していれば豊臣家は存続できた、
という説もありますが、

家康にはそういう考えはなかったと思われます。

家康は、立派に成人した秀頼と対面したとき、
豊臣家を滅ぼす決意を固めたと推測されています。

関が原の戦いの後、一大名になった豊臣家に対して
家康は周到に策略を仕掛けてきます。

古だぬき”のような家康です。


淀殿は信心深い人で、神社仏閣の造営や復興に力を尽くしました。

平和を願い、豊臣と徳川の共存を願っていたようです。

しかし家康は、方広寺の鐘の銘が家康を呪うものだと
いいがかりを付け、無理な要求を突きつけます。

それの釈明に行った片桐且元と大蔵卿局に正反対の対応をし、
内部分裂させます。

交渉の使者の且元を追放したとして徳川軍は出陣、
大坂冬の陣が始まります。

難攻不落の大坂城であることを知っている家康は、
すぐに一時和睦します。

和睦の条件として大坂城の堀をすべて埋めてから、
「秀頼に謀反の疑い有り」といいがかりをつけます。

大坂夏の陣は、戦う前から勝敗は明らか。

さすがの真田幸村も討ち死に、淀殿と秀頼は自刃、
大坂城は落城します。

家康は意図したとおり豊臣家を壊滅させることができました

淀殿は自分が人質になることさえ覚悟していましたが、
それで事が収まるはずはなかったのです。

 

こちらの関連記事もどうぞ: