Pocket

9月19日は中秋の名月
月には、うさぎもかぐや姫もいないのですが、
お月見をして楽しむ日です。

それを口実に宴会を楽しむ人もいますが、
中秋の名月』という風流な言葉や
満月』に興味をひかれる人は多いと思います。


ただ大きな月を見たいのなら『スーパームーン』の方が大きいです。
通常の満月より14%大きく、30%明るいのですから見ごたえ十分。

スーパームーンとは、地球に最も近い満月のことで、年に一度観測されます。
2013年は6月23日でした。
来年は8月です。

でもこちらは天体観測系。
ロマンはありますが、伝統行事の趣とは異なりますよね。


この機会に「中秋の名月」に関する情報をまとめてみましょう。

そもそもこの観月という慣習はいつから行なわれているのでしょうか?

始まりは中国から伝来した行事だったようです。

平安時代、宮中や貴族社会で風流を楽しんでいた行事が、
一般庶民にまで広まったのは近世(江戸時代)のようです。


「中秋の名月」とは、旧暦の秋(7月、8月、9月)の真ん中の”日”を指す言葉。
旧暦の8月15日にあたります。

現在の暦とは違うので、日付は異なります。
そして必ずしも満月とはかぎらないのです。
月の運動周期によって微妙に満月の日からずれることがあります。


新月から満月へと、月の満ち欠けはしょっちゅうあるのに、
中秋の名月が“満月を愛でる伝統行事”とされたのはなぜでしょうか?

*秋は比較的空気が乾いており、空気中のちりやほこりが少なく、
 月がくっきり見える。
*月の運動の関係で、適度な高さにあり見やすい。

●秋は月がいちばんきれいに見える季節なのです。

そして大切な理由、
秋は収穫の季節です。

●里芋・枝豆・粟・団子(米原料)など、農作物をお供えして感謝をあらわす
お供えにはそういう意味が込められていたと考えられています。
ススキは秋の七草の代表ともいえますしね。


中秋の名月は先祖から伝えられた伝統。
なくすのは申し訳なく感じます。

家族や友人と、あるいはおひとり様でも
お月見を楽しむのはいかがですか?

こちらの関連記事もどうぞ:

    None Found